先輩社員R・Yさん

R・Y
勤続年数: 1年
得意分野: ユーザ管理

ある1日のスケジュール

09:00 10分前くらいに自席に着いてメールチェックを行います。
この日は、新システムの設計の前段階の設計書の概要作成を行いました。
メールチェックが一通り終わったら、概要作成の前準備に取り掛かります。
以前展開された日程表を確認し、今週中に提出する設計書の確認と、本日作成する設計書の選定を行います。この時に、設計書内で指定された項目や内容の確認を行います。
09:30 確認作業後は既存の方針書や仕様書等を読みながら、設計書に記載する内容をまとめていきます。
12:00 昼食
同じ現場で働いている先輩社員と食堂に移動し、ランチを食べました。
13:00 午前中の設計書に書く内容がまだまとめきれてなかったので、午前中の続きから行いました。
まとめ終わったら、概要書作成を開始しました。既存の設計書や指定された項目を参照しながら、書けそうな項目を埋めていきます。
15:00 進捗内容を先輩社員と共有しました。
この時に、不安点の相談や設計書内容で記述すべき内容を補足をして頂きました。
18:00 作業の区切りが良くなったところで退社。

R・Y先輩にインタビュー

Q.現在どんな仕事?

A.

インフラ構築や運用設計を行っています。今は運用設計をする前の設計書の作成を行っています。

Q.イーエフアイってどんな会社?

A.

ITの会社の中では、珍しいくらいにアクティブな会社です。社内の部活動や社内行事等を活動的に行っています。後は、風通しがよく先輩社員たちも親切な方が多いので、業務以外でも悩みや不安なこと等も親身に聞いてくれます。 入社してから一番感じたのは社員一人ひとりのことをとても大事にしてくれるので、 初めての分野の仕事でも先輩社員のサポートが充実していると思います。

Q.入社して苦労したこと

A.

一番苦労したのは新人研修です。全部が初めてだったので、研修についていくのがやっとの状態でした。どこまでできていたらいいのか、研修内容は自分の思っている内容であっているのか 毎日が不安でいっぱいでした。そんな中、先輩社員に「分からないなら、何が分からないか分かりませんでいいよ。最初はみんな同じだから、自分のペースでいいんだよ。」と言ってくれたのがとても気分が楽になりました。『分からないことって本当はいけない、自分だけができないのは悪いことなんだ。』と変に思っていたので、以降わからないと正直に言うことで、分かるまで先輩社員が根気強く教えてくれたのでだんだんと内容が身につくようになりました。 この経験から、周りを気にせず自分のペースでやることの大切さと、分からないことはすぐ聞く大切さを学びました。これは、現場に出ている今でも役立っています。

Q.今後の目標

A.

どんな仕事の分野でも粘り強く挑戦していく。

未来の後輩へメッセージ

未経験の方でも、先輩の中には未経験からスタートしている人が多くいます。未経験同士だから、相談もしやすいですし他のベテランの先輩社員の方も全力でサポートしてくれます。是非一度お話を聞いに来てください。